文字サイズ

ホーム > 主催講演会

2018年度 主催講演会

東海支部が主催している講演会を紹介しています。詳しくは、情報処理学会東海支部事務局へお問い合せ下さい。


第4回講演会「量子コンピュータの商用化動向」

講 師
  • 小野寺民也氏(日本IBM株式会社 東京基礎研究所副所長 技術理事)
日 時 2018年10月12日(金) 16:00から17:30
場 所 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 3F ベンチャーホール
(愛知県名古屋市千種区不老町B2-4)
アクセス:地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車、3番出口,アクセス・キャンパスマップ
概 要 IBM Qは万能量子コンピュータを商用化すべく2017年5月に立ち上げたイニシアティブです。ハードウェアであるIBM Q Systemsおよびソフトウェア開発キットであるQISKitをご説明するとともに、お客様との共創に取り組むところのIBM Q Networkについてご紹介いたします。
講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
協 賛 IEEE名古屋支部
問合せ先

鳥居 豊((株)デンソーITソリューションズシステム開発2部)
〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1
Tel: 0566-61-6529
E-mail: yutaka_toriidnitsol.com

一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
〒460-0001 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7階 公益財団法人中部科学技術センター内
Tel: (052) 231-3564  Fax:(052)204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第3回講演会「政策決定にAIが活用される30年後の社会」

講 師
  • 福田幸二氏(日立京大ラボ主任研究員)
  • 伊藤孝行氏(名工大 NITech AI研究センター長)
日 時 2018年9月3日(月) 10:00から11:45
場 所 名城大学天白キャンパス 共通講義棟北4階 N402
(愛知県名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地)
アクセス:地下鉄鶴舞線「塩釜口」駅下車、1番出口(右)より徒歩4分,キャンパスマップ
概 要 近年、世界中をポピュリズムが席巻する一方で、根拠としてのデータを活用した政策立案(Evidence-based Policy Making; EBPM)の必要性も各方面で認識されてきています。この流れが進めば、統計的なデータサイエンスだけでなく、やがてはシミュレーションや機械学習、マルチエージェントシステムといったAI的な技術が政策決定に活用されていく可能性があります。30年後には、各国の中央政府だけでなく、地方自治体レベルでAIが政策決定に活用されているかもしれません。本講演会では、数十年後の日本社会を何万通りもシミュレーションして実際に政策提言を行った日立京大ラボの研究事例や、政策決定に貢献する大規模合意形成支援システムやマルチエージェント技術に関する名工大 NITech AI研究センターの研究事例をご紹介し、30年後の社会を考えるディスカッションを行う予定です。
講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。(詳細はこちらから
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
共 催 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会,名工大コミュニティ創成教育研究センター,名工大NITech AI研究センター
問合せ先

白松 俊(名古屋工業大学情報工学教育類/創造工学教育類 知能情報分野 准教授)
〒466-8555 名古屋市昭和区御器所町
Tel: 052-735-5129/052-735-5124 Fax: 052-735-5584
E-mail: siramatunitech.ac.jp

一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
〒460-0001 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7階 公益財団法人中部科学技術センター内
Tel: (052) 231-3564  Fax:(052)204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第2回講演会「ソースコードの目視評価と解析を組合せた品質評価の取組み」

講 師 笠井 則充 氏(三菱電機株式会社 通信機製作所)
日 時 2018年7月25日(水) 17:00頃から18:15頃
場 所 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 3F ベンチャーホール
概 要 企業におけるソフトウェア開発は、年々開発規模は大きく、開発期間は短くなる傾向にある。外部委託により品質を低下させずに生産性を維持するには、委託者が作成したソフトウェアの受入れテストにおいて、不具合を含む可能性の高いソースコードモジュールに関連したテストを優先的に行う必要がある。本講演では、不具合を含む可能性の高いモジュールから順に受入れ検査を実施することを目的とし、ソースコード解析とソースコードの目視評価とを組み合わせたソースコードモジュールのランク付け手法を紹介する。手法によりランク付け精度の向上と目視評価のコスト低減の両立ができたことを実際のデータを示しながら紹介する。
講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
協 賛 IEEE名古屋支部
問合せ先

森崎 修司(名古屋大学 大学院情報学研究科 准教授)
〒464-8603 名古屋市千種区不老町1
Tel: (052) 789-3302
E-mail: morisakinagoya-u.jp

一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
〒460-0001 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7階 公益財団法人中部科学技術センター内
Tel: (052) 231-3564  Fax:(052)204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

第1回講演会「レッドシリコンバレー/中国深センのIT最前線現場レポート」

講 師 前田 淳一郎 氏(アビームコンサルティング株式会社 プリンシパル, アビームコンサルティング(深セン)董事総経理)
日 時 2018年5月28日(月) 16:10頃から17:40頃
場 所 ホテル ルブラ王山
概 要 ここ1年ほどでスタートアップが盛んな地域として大きく注目を浴びている中国深セン。 この深センで実際に何が起こっているのかを現地駐在の講師からITを中心とした最前線現場レポートをお届けします。
 (1)深センの街並み・生活の変化
    講師が現場で撮影した写真を交えながら「深センの今」をご紹介します。
 (2)深センのエコシステム
    実際のスタートアップ企業のソリューションをお見せしながら深センにおけるエコシステムをご紹介します。
 (3)日系企業におけるイノベーション取り組み
    深センのエコシステムを活用し自社のイノベーションに繋げようとしている日系企業事例をご紹介します。
 ※当日の内容は一部変更する可能性があることをご了承ください。
講演会のお知らせ
参加要領 参加費無料 (参加資格は問いません)
事前申込不要。会場へ直接お越しください。
※当日は2018年度東海支部報告会を開催します。
主 催 一般社団法人 情報処理学会東海支部
後 援 公益財団法人 科学技術交流財団
協 賛 IEEE名古屋支部
問合せ先 一般社団法人 情報処理学会東海支部 事務局
〒460-0001 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7階 公益財団法人中部科学技術センター内
Tel: (052) 231-3564  Fax:(052)204-1469
E-mail: shibuipsj-tokai.jp

過去の主催講演会